家庭用ウォーターサーバーは電気代が高い?賢く使う方法は?

電気代の元をとるウォーターサーバーの使い方

電気代の元をとるウォーターサーバーの使い方 電気代をより安く使いたいなら、ウォーターサーバーはおすすめです。ウォーターサーバーのボトルに入っている水の質を保つためには、電源を入れて、常に電気を通しておかないといけません。常に電源を入れたままにしておくということは、その分どのくらいの電気料金を請求されるのか、高くならないか気になるという人もいらっしゃるでしょう。ウォーターサーバーの電気代は使用頻度にもよりますが、1,000円程度となっています。これは、電気ポットを1ヶ月使用した料金と同じ程度と言われています。さらに電気料金を節約しておきたい時には、省エネのための機能が搭載されている最新のウォーターサーバーを選択することによって、電気代を節約することができます。最近では精度もどんどん高くなってきており、毎月500円程の電気代しかかからないウォーターサーバーも登場しています。機能が高いウォーターサーバーを選ぶことで、電気代が抑えられるのでおすすめです。

ウォーターサーバーを利用すると、水そのものも飲めますが、お茶やコーヒーなども淹れられますし、料理にも使えます。また、赤ちゃんのミルクを作るのにも便利ですので、電気代のお得なウォーターサーバーを利用することはとてもおすすめです。このような、エコモードなどが搭載されている省エネタイプのウォーターサーバーはますます充実しており、とても評判が高くなっています。

エコモードでは、電気代のかかる温水の温度を約15度くらい低めに設定した状態で維持することができるものもあります。夜間など使う人のほとんどいない時間帯の電気代がカットできるという便利な機能となっています。このような機能の搭載されたウォーターサーバーを利用することで、電気ポットと比べると電気代がお得になるのです。

少量の水をすぐに沸かせる電気ケトルは、一般的なタイプのものを使うとすると、1回沸騰させるごとに若干の電気代がかかります。一人暮らしの場合にはウォーターサーバーとあまり変わりませんが、家族がいれば、沸かすと電気代はどんどん膨れ上がります。電気ケトルは1回に使いきれるくらいの量を入れて沸かす便利な家電ですが、その都度お水を入れて沸かす必要があるため、総合的に考えると手間も電気代もかかるでしょう。しかし、ウォーターサーバーなら、使いたいときにいつでも好きなだけお湯を使えますので、時間も手間も必要ありません。このように、他の便利な家電と比較しても、ウォーターサーバーは様々な面で節約となるでしょう。

最新の内容